アメリカ西海岸行きました サンフランシスコ編

  • by
  • 旅行
  • コメントなし

お久しぶりです。

2月末に二週間ほどカリフォルニア州のサンフランシスコ、ワシントン州のシアトルに訪れたので投稿します。

第一週はカリフォルニア州のパロ・アルトに泊まりました。
パロ・アルトは田舎ですが、かなり住みやすそうでした。街は混んでなく、歩いて10分でサンフランシスコ行きのCaltrain に乗れる場所でした。

泊まった場所の周辺にはあまりスーパーマーケットはなく、24時間開いているところへ行くには少し歩くかuberを使うしかないのが不便でした。

付近の大学(スタンフォード大学、バークレー校)

近くにスタンフォード大学があり、30分くらいかかりますが歩いていけます。大学は都市から離れた場所(ただし不便な立地ではない)に設置したほうが、学生も集中して勉強ができる、、とどこかで聞いたことがあります。日本でいうとと筑波大学にあたるのかもしれないですね。
大学はとても広くて、シャトルバスが通っているくらいです。ちなみに泊まった場所の近くにもバス・ストップがありました。

パロ・アルトからは北へ行けばサンフランシスコ、もう少し北にはスタンフォードとは別のもう一つの名門校であるバークレー校があります。

バークレー校もよってみました。こちらは州立大学で学生数も多いです。面白いのは両方とも構内にタワーがあるんですよね。

 

スタンフォード大学のHoover Tower

 

スタンフォード大学の建物

 

バークレー校のSather Tower

バークレー校の建物。大学とは思えない。

 

シリコンバレー

パロアルトから少し南のほうへ行くと、シリコンバレーがあります。調べてみるとわかりますが、たくさんの有名なIT企業がここに集中しています。googleは社員の許可がなければ社内を歩くことはできませんが、来場者用のストアで買うことはできます。その際、現金は使えず、visaカードしか使えないようでした。

 

google 本社

 

google 社員専用の自転車。一般人は乗ったらダメだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo 本社

 

サンフランシスコ:観光地

サンフランシスコは二度訪れました。一度目は観光地周辺、二度目はビル街です。ゴールデンゲートブリッジ周辺をフェリーで回りました。

ゴールデンゲートブリッジの下まで行くことができる

 

アルカトラズ島

その後はフィッシャーマンズワーフへ行きました。海辺の観光地にあたります。

この中に入って行くとクラムチャウダーが美味しい店がある

後、自分は行けませんでしたが、近くにギラデリ(チョコ)の本店もあります。どうやら、そこで買ったほうが安いみたいです。

 

サンフランシスコ:ビル街

サンフランシスコのビル街を友人に案内してもらいました。第一印象としてはIT関係の建物がかなり多く、建物のデザインなどが先駆的でユニークであることです。古い建物は大体低いものが多く高層ビルに挟まれていて、そのうちなくなりなりそうな感じに見えました。

また、新しくHigh Speed Rail ができ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴが一本でつながるらしいです。ラスベガスまでの交通も便利になります。娯楽の地域とITの地域がつながることで、生活圏の様相がガランと変わるかもしれません。

観光地だけではなく、街並みが醸し出す雰囲気は独特です。旅行の際は「Foreigner向けでない部分」も注目するといいかもしれません。今回は時間がなく、開拓するまでは行かなかったのですが、B級グルメなど見つけたいですね。

 

美術館らしい。改修工事の際、前の建物は壊さずまったく歪な建物を先頭につけた。斬新。

Bank of America

旅行の際は東浩紀さんの『弱いつながり』という本に書かれていることを実践してみました。詳細はまた別の機会に書くかもしれませんが、移動することによって普段の生活では絶対に思いつかないであろう「検索ワード」を獲得する、、といったことが書かれています。

ここで手に入れたキーワードはeconomic geography.

生活空間と経済空間の分離が街の設計から生じることがある。それが悪いことなのかどうかを考える必要があり、無造作にビルやインフラを整備するのではなく、big planを立てて実行する必要がある。

街の風景から導出される経済と私は捉え直す。新しい視点で歩くのも新鮮です。

 

 

 

  • by
  • 旅行
  • コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。