管理人のサイト作成回想記

  • by
  • サイト管理
  • コメントなし

私、管理人が始めて本格的なサイトを作ったときは全てHTMLファイルで済ませていて、PHPやCMSなどは一切使用していませんでした。

しかし、サイドバー、メニューやヘッダーなどの共通箇所をいちいち変更するのが面倒くさくなり、あるとき、全ファイルをPHPに変更させ、サイドバー、メニューやヘッダーは全て<?php require_once(“header.php”);?>などで済ませるようにしました。また、.htmlでもアクセスできるように、.htaccessなども変更しました。

しかしそれでは肝心のファイル数は減らず、管理は相変わらず大変でした。そこで、サイトのmetadescriptionやmetakeywords、コンテンツなどのデータを抽出し、MYSQLデータベースに保存するスクリプトをPHPで書き、また、そこから自動的にページを生成するスクリプト(data.php)も書きました。このdata.phpに?action=exampleなどのクエリーを渡すと指定されたページをロードするようにしました。しかし、それでは長ったらしいurlになってしまうため、そこは.htaccessで何とか対応させました。

これで管理はずいぶんと楽になったわけですが、Wordpressのプラグインやユーザー管理などの機能に憧れ、ある日、サイトをWordpressに移行させることを決めました。

まずはWordpressテンプレートを一から作成することからはじめ、その後はデータの引越しをしました。簡単そうに聞こえますがこれには丸2日かかりました。メタデータなどのデータの引越しにはかなり悩まされましたが、SEOプラグインやMYSQLのSQL文エクスポート・インポート機能を使い、何とかやりのけました。

その過程でWordpressの良さや良くないところをしみじみと感じました。まずは投稿内でphpコードを使用できないのがかなり不満でした。投稿内で指定したphp変数でテンプレの一部を変更するようなことをやりたかったのですが、phpを埋め込めないんじゃと思い、ほかの方法を模索しました。

幸い、Wordpressにはカスタムフィールドという機能があり、投稿画面で変数を指定することは出来ました。この機能がなかったら本当にWordpressやめようかなと思ったんですが、救われましたね。

何せ、Wordpressには便利なプラグインがたくさんありますから。本当に使ってて便利です。

  • by
  • サイト管理
  • コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。